事故の記録(事故台帳)の作成

所属している乗務員が交通事故を起こしたら、現場に駆け付けた後、被害状況に合わせて対応しなければいけないことがたくさんありますよね。

 

その対応に追われて忘れがちなのが「事故記録簿(事故台帳)の作成」です。

 

ちなみに、事故の記録(事故台帳)は、「交通事故」や「重大事故」があったときに記録保存をするものです。トラックの交通事故は、車体の大きさやその重さなどから大きな事故につながってしまいますし、いちど交通事故を起こすと繰り返し起こしてしまうケースはよくあります。

 

だからこそ、二度と繰り返さないためにも、また他の乗務員が同じような事故を起こさないためにも、再発防止のために営業所ごとに管理することが必要なのですね。


1.事故台帳に書かなければいけないこと!

(出典元:福岡県トラック協会)

当時の交通事故の状況をまとめるための「事故台帳」は、法律でかならず書かなければいけない項目が定められています。だから、各社、決まった様式を使用しなくてもいいのですが、法律で定められた項目だけはかならず盛り込まなければいけません。

 

自社で自作するのが面倒臭いということであれば、トラック協会のHPに公開している様式をそのまま使用するのもありです。

 

<かならず様式になければいけない項目>

@乗務員の氏名

A自動車登録番号その他の当該事業用自動車を識別できる表示
B事故の発生日時
C事故の発生場所
※当該場所付近の地図に当該場所を表示したものを添付することで足りる。
D事故の当事者(乗務員を除く)の氏名
E事故の概要(損害の程度を含む)
※自動車事故報告規則別記様式の「当時の状況」、「事故の種類」、「道路等の状況」、「当時の運行計画」及び「損害の程度」を記録することで足りる。
F事故の原因
※運行管理者は、事故発生時点において推定される直接的原因のみならず、事故の要因と認められるものを正確に把握し、諸々の要因について総合的に究明することに努める必要がある。
G再発防止対策
※事故原因が明らかになってから講ずることとしている場合には、「原因究明結果待ち」と記入するとともに、緊急的に講じた対策についても記入する。

 

保険会社に当時の事故状況を報告するために、保険会社が作成した事故報告書を使用して提出するかもしれません。

 

たいてい、その報告書をそのまま事故台帳として使用し、巡回指導や監査などで提示するケースがあるのですが、残念ながら、それでは項目不足として指摘される可能性大です。

 

…というのも保険会社が作成した様式は、あくまでも保険会社が必要な情報を記載してもらうための様式です。だから、法律で定められた項目が足りていないケースがほとんどなんですね。

 

とくによくあるパターンが、【事故の原因】【再発防止対策】の項目が欠けてしまっていること。

 

もしも、事故台帳を確認したときに、法律で定められた項目が不足している場合は、2名目として別紙でも構わないので、不足している項目について詳細を記載しておきましょう。そして一緒に記録保存していれば、処分を受けることはありません。

Sponsored link

2.「交通事故」「重大事故」とは?

「事故」といってもさまざまな事故がありますよね。
だから、どのような交通事故のときに事故記録簿として残さなければいけないのか、迷うことだと思います。

 

かんたんに言ってしまえば、次の2点の事故があった場合、事故記録簿として残しておく必要があります。

「交通事故」 … 道路交通法67 条第2 項。人の死傷又は物の損壊
「重大事故」 … 自動車事故報告規則第2 条に規定する事故

ちなみに記録は営業所ごとに事故発生後30 日以内に作成したうえで3年間保存しなければいけないことになってます。

 

3.巡回指導で見られるポイント

 

2年に1度、適性化指導員がチェックするところはどのようなところなのでしょうか?
まとめましたので参考にしてくださいね。

 

□ 過去3年間に「交通事故」「重大事故」がないか確認される
□ 過去3年間に「交通事故」「重大事故」があれば、事故台帳の提示を求められる
□ 法定項目が網羅されているか?3年分記録保存されているか?チェックされる

 

ここがポイント!

事故の中身をチェックされているわけではなく、あくまで上のチェック項目を満たしているのか確認しているようでした。もしも事故がない場合、事故があったときの様式の提示を求められることもあるので「事故がないから安心…。」と思わずにきちんと整備しておきましょう。

 
Sponsored link