Sponsored link

乗務員教育記事一覧

乗務員を新たに雇い入れたとき、事故歴を把握するために【運転記録証明書】や【無事故・無違反証明書】を取得しなければいけないと法律で定められています。そのため、事故歴の把握について、雇い入れた事業所が取得することもあれば、入社するときに乗務員自らが取得し、持参するよう言われるケースがあります。それでは、運転記録証明書などを取得するためには、どのようにしたらいいのでしょうか?今回は、取得方法についてまと...

運送会社に就職・転職したとき、教育の一環として、法律上、しなければいけないのが”初任診断”ですよね。「初任診断を受診したくない。」と思っている人もいるかもしれませんが、この適性診断は安全運転を継続するうえで、大切なツールになりますし、受診させていなければ、もしも行政監査が行われれば、処分対象のひとつとして扱われるので気を付けたいところです。では、この初任診断。いつまでに新たに雇い入れた乗務員に受診...

雇い入れたときに受診させる”初任診断”、65歳以上になったら受診させる適齢診断は、義務診断なので、受診させているけれど、定期的に受診させる適性診断があったような気がする…。または、一般診断は3年に1回くらいの間隔で受診させる必要があると聞いたけれど、実際のところはどうなの?このような質問をいただくことがあります。では、じっさいはどうなっているのでしょうか?

トラック運送業界の運転手の平均年齢は、40歳以上とかなり高いですよね。運送会社の社長と話をしていても、話題は乗務員不足が多いのですが、運送会社によっては、在籍している乗務員が60歳前後のところもありました。これから先、若い労働者が増える見込みがないことを考えれば、高齢の運転者のチカラに頼らざるを得ません。とくに高齢運転者は、適齢診断を受診しなければいけませんが、この適齢診断とはどのようなものなので...

トラック運送会社に勤める運転手の平均年齢は高く、いまでは40歳以上ともいわれています。あくまでも平均値なので、運送会社の中には60歳以上の運転者ばかりというところも実際にあるのです。人材不足の影響もあるかもしれませんが、その一方で「ベテランで頼りになる運転手だから…。」と、信頼して雇用を続けているケースもあります。ただ、以前からあった高齢運転者に対する教育について、急に意識しなければいけなくなった...

トラックの運転手は、ほぼ毎日、トラックを運転します。プロ中のプロ…と言えばそのとおりなのですが、車の運転は、無意識に行っているので、たとえ、交通事故に陥りやすいクセがあったとしても本人は気が付かないことが多いです。だから、適性診断を通じて、受診した人の運転のクセを伝え、事故を起こす前に直すきっかけにすることを目的にしているんですね。