基礎講習の受講タイミングはいつ?

運行管理者講習には、一般講習と基礎講習、特別講習の3種類の講習があります。

 

その中でも、「一般講習と基礎講習の違い」や「それぞれの講習の受講のタイミング」が質問が多いので、イマイチ把握できていない人もいるかと思います。

 

そこで、今回は「運行管理者基礎講習を受講するタイミング」について解説していきますので、ぜひ参考にしていただければと思います。


1.運行管理者の基礎講習の受講が必要な人とは?

基礎講習は、自動車事故対策機構などが開催している研修ですが、受講のタイミングは次の3パターンになります。

 

1.運送事業者において、新たに(当該事業者で初めて)運行管理者に選任され、かつ以前に基礎講習を受講していない方
2.運行管理者補助者の選任される予定のある方
3.運行管理者試験を検討している方

 

ただ、1〜3のパターン以外にも、運行管理者は、2年に1回、運行管理者研修を受講する義務があるのですが、一般講習ではなく、勉強のためにあえて基礎講習を選択する人もいます。ですが、これは稀なケースと言えるでしょう。

 

申し込みは誰でもできる

基礎講習は、運送会社に所属していなくても、経験がなくても自由に受講することができます。

 

そのため、学生さんが運行管理者の資格者証を取得するために受講している姿もよく見かけます。もしも、「受講したい」と思ったら、誰でも予約することができますので安心して申し込みをするといいですよ^^

2.新たに選任された運行管理者

「1.運送事業者において、新たに(当該事業者で初めて)運行管理者に選任され、かつ以前に基礎講習を受講していない方」の制度は、平成24年4月14日に法改正されました。

 

@新たに選任された運行管理者とは?

「新たに選任された運行管理者」とは、所属している運送会社において、初めて選任された者をいいます。

 

【例】
A運送会社 本社営業所
 運行管理者 田中さん
 「A社で、はじめて運管に選任されました!」 ⇒ ”新たに選任された運行管理者”

 

ただし、この田中さんがA運送会社で「過去、運行管理者として選任したことがある(ブランクはあるが再任になる)」「他営業所で選任されていたことがある」という場合には、「新たに選任された運行管理者」に該当しません。

 

 

ただし、過去に運行管理者として選任されたことがあっても、

 

【例】
B運送会社 本社営業所 ⇒ 転職 ⇒ A運送会社 本社営業所

 

このように、B社からA社に転職した場合、【新たに選任された運行管理者】に該当するので注意が必要です。

 

A新たに選任された運行管理者に該当したら…?

@の条件を見て、もしも新たに選任された運行管理者に該当していた場合、選任届出した日に属する年度(やむを得ない場合は、当該年度の翌年度)に基礎講習又は一般講習を受講させなければいけません。

 

ただし!

 

過去に基礎講習を受講していない場合は、一般講習ではなく、絶対に基礎講習を受講させなければいけないことになっているので、注意が必要です。

 

【例】
B運送会社 本社営業所 ⇒ 転職 ⇒ A運送会社 本社営業所

 

「過去に基礎講習を受講している」 ⇒ 選任年度内に一般講習か基礎講習を受講。
「過去に基礎講習を受講していない」 ⇒ 選任年度内に基礎講習を受講。

 

B「基礎講習を受講していない」ということはあり得るの?

運行管理者の資格を取得しているにもかかわらず、「基礎講習を受講していない」というケースが本当にあるのか?…と疑問に感じている人もいるかもしれません。

 

じつは、基礎講習の受講をしていない人も存在します。

 

a.運行管理者試験の資格要件で「実務経験」を選択した人
b.運行管理者試験ができる前に運行管理者になった人

 

などです。

 

特に、aのパターンの方が多いので、運行管理者として新たに従業員を雇い入れた運送会社は、手帳や修了証などで基礎講習の受講履歴を確認することをオススメします。

 

C受講履歴が確認できる書類を紛失している場合

なかには、過去に「受講したことがあるけれど、修了証等、受講履歴を確認できる書類を紛失したという方もいるかもしれません。その場合は、受講した機関に問い合わせすれば、再発行できる可能性があります。

 

ただし、確認ができない、受講機関がどこか忘れた…などの場合は、たとえ、過去、受講したとしても、第三者に証明することができませんので、改めて、基礎講習を受講させることをオススメします。

3.補助者として選任される予定の方

運行管理者の補助者に選任するためには、@運行管理者の資格者証を取得している者、もしくはA基礎講習を受講した者の条件になっています。

 

資格者証を所持していない人は、かならず基礎講習を受講しておきましょう。

 

なお、運行管理者の補助者として選任できるのは、平成7年4月1日以降に基礎講習を受講したものに限られます。

 

そのため、過去に基礎講習を受講していたとしても、平成7年3月31日以前に受講していた場合、改めて、運行管理者の基礎講習を受講する必要がありますので、その点は注意しておきましょう。

4.運行管理者試験を検討している方

運行管理者試験は、「基礎講習を受講修了した者」もしくは「実務経験」をクリアした者が対象になります。

 

そのため、多くの受験者は、基礎講習を受講し、試験に臨むことになります。

 

これから、運行管理者の資格を取得しようとする人は、試験問題の対策としても基礎講習は勉強になるので、受講しておいた方がいいですよ。

まとめ!

運行管理者の基礎講習の受講のタイミングは3つあります。

 

いちど受講さえしてしまえば、運行管理者に選任した後は、一般講習を受講するだけで問題ありません。

 
Sponsored link